トップページへ

■ブレスを外してシリアル番号を確認してみよう

いつも使ってるロレックス。
「保証書と時計のシリアル番号って、ホントに合ってるのかな?」
と、疑問に感じたあなた!
実際にブレスを外して確かめてみましょう。

用意するものは、”バネ棒外し”と呼ばれる工具のみ。
 (”バネ棒”とは、ブレスをケースにはめる部品のこと)

まずは、ケースサイド(時計本体の側面)に穴があいているモデルの外し方
 (使用モデル:SUBMARINER)
人差し指でブレスの付け根を
上に持ち上げるようにしなが
ら片側を外します
片側が外れたら、人差し指
で押しながらその状態を保
ちます
片側が外れた状態のまま、
反対側を外します

ブレスを外すと、12時側にリファレンス番号、
6時側にシリアル番号がケース側面に
それぞれ刻印されています



次に、ケースに横穴があいてないモデルの外し方
 (使用モデル:AIR-KING)
ケースに横穴があいていないモデルの場合、
フラッシュフィットの裏側にあるバネ棒の溝にバネ棒外しを引っ掛けて外します

人差し指でブレスの付け根
を上に持ち上げるようにしな
がら片側を外します
片側が外れたら、人差し指
で押しながらその状態を保
ちます
片側が外れた状態のまま、
反対側を外します



シリアル番号を確認したら、ブレスをケースにはめなければなりません。
豆知識として、右の写真のようにケースの裏(ラグ)にセロハンテープを貼ると、傷がつくのを防げます。


ケースの裏からブレスをあて
、片側のバネ棒を押し込み
ます
片側のバネ棒が入ったら、そ
の状態を親指で押さえて保
ちます
もう一方のバネ棒を押し込
んで、しっかりと穴にはめま

ブレスをはめる際、上の写真ではバネ棒外しを使っていますが、指の爪でバネ棒を押し込んだ方が簡単かもしれません。